クレアの香料とは?

「花の香りに勝る香りはない」

 

香水のバラの香りでなく、生のバラの香りが創りたい

ジャスミン、ローズ、グリーンとブーケを束ねるように

香りを束ね、空間に飾りたい。

 

調香の世界は、化学の世界。

難しい知識が必要となります。

 

調香師になるには10年、20年の時間が必要です。

その長く狭い小さな世界を解放し

誰もが好きな香りを創ることができたら、世界はもっと豊かになると考え

フレグランスをデザインする新たなスタイルを確立しました。

クレアの香料の特徴

香りの揮発性

香りの「匂い立ち」という現象です。香りは時間の経過とともに変化するという性質があります。

別の言い方をすると匂い立ちは「トップノート」「ミドルノート」「ベースノート」の三段階に分けられます。

この3つのノートをうまく組み合わせてブレンドします。

 

トップノート

シトラス

柑橘、特にレモン様の香調。さわやかでフレッシュな様の香りが特徴。日本人には馴染みやすく誰からも人気があります。

トップノート

グリーンベース

シトラス葉、茎、緑様の香調、アップルグリーンや熟していない青いバナナを彷彿させるさわやかでフレッシュなイメージ。

ミドルノート

ローズ

フローラル様の香調。華やかで、優雅、優しいイメージ。誰からも愛され比較的どの香りとも相性が良いです。

ミドルノート

ジャスミン

フローラル様の香調。華やかで妖艶でありながらさわやかさも備えあうイメージの香り。

ミドルノート

スズラン

フローラル様の香調。ほのかに緑を感じさせ、可憐でフレッシュで軽やかなイメージ。

ミドルノート

チューベローズ

フローラル様の香調。ほのかに緑を感じさせフレッシュで華やか、はつらつとした感じと優しさを併せ持つ。

ミドルノート

フルーティ

柑橘系以外のフルーツ様の香調。甘く軽やかなリズムが感じられるイメージ。

ミドルノート

カシス

フルーツ様の香調。フルーツの中でもカシス、ベリーをイメージして調香した甘く酸っぱい香り。

ミドルノート

パンセ

フローラル様の香調。パンジーのイメージで創った優しくさわやかで淡い春のイメージの香り。

ミドルノート

プルメリア

フローラル様の香調。甘く濃厚で華やか、さわやか、はつらつとしたイメージの香り。

ミドルノート

カーネーション

フローラル様の香調。スパイシーなイメージと華やかさと優しさを持つ香り。ローズと合います。

ミドルノート

アクアベース

海や水を彷彿させるニュートラルで水々しい香調。さわやかでフレッシュ、透明感のある香り。

ベースノート

ホワイトモス

苔様の香調。優しく、丸く、温かく重厚感があり持続性のある香り。ローズの保留材にとても良いです。

ベースノート

パウダー

甘く粉っぽい香調。バニラ、甘いスイーツ、お粉パウダーをイメージさせる香り。

ベースノート

ムスク

甘く粉っぽい香調。バニラ、甘いスイーツ、お粉パウダーをイメージさせる香り。

麝香(ムスク)の様な香調。重厚で、妖艶、あたたかみがある香り。ローズと良く合います。

ベースノート

ウッディベース

木材様の香調。木を切った時に香る香り。力強く、パワフルな香り。ローズと良く合います。

ベースノート

モミ

木材様の香調。パワフルで力強いモミの香り。クリスマスの演出にも最適です。

  1. フローリストも絶賛!本物のバラの香りを匂ってるような香り
    クレアの香料は、フローリストでもある代表・中川の、ブーケを作るように香りをブレンドできる香料を、という想いから生まれました。たとえばローズの香料は、香水メーカーが創るローズ香りや、ローズ精油の香りではなく、本物の生花のローズ香りを目指して創られました。
  2. ブレンドできるクレアの香料!
    市販のフレグランスは複数ブレンドすると香りが壊れていきますが、クレアの香料は自由にブレンドし、オリジナルの香りを製作していただけます。香料は、香り立つまでの時間で「トップノート」「ミドルノート」「ベースノート」の三つに分けられます。ブレンドする際は、この3つのノートをうまく組み合わせてみるのもおすすめです。